独身男性必須の恋愛ツール

気になる恋愛ツールをお選びください

SNS/ 婚活/ お見合い/ 合コン・街コン/ 商材

独身男性の恋愛・結婚活動

現在、高齢者の6分の1は一人暮らしで毎日を過ごしています。総務省の国政調査によると、1980年から2010年までに一人暮らしの高齢者の数は5倍以上に増加しています。その原因の1つとして、挙げられるのが、子供と同居する高齢者が減っていっていることです。厳密に言うと子供が親と一緒に暮らすことを避け始めているのです。また、熟年離婚は最近では多いし、夫・妻との死別は避けられません。日本では世界でも類を見ない”一人身高齢者”の割合が異状に多いのです。一人身である原因は主に結婚しないで独身、離婚して独身、妻・夫と死別して独身の3つのパターンです。誰でも、老後に一人身という恐怖が襲う可能性は十分にあるのです。

 

男性の生涯未婚率がやばい

 

現在、男性で人生に一度も結婚しない、生涯独身男性が急増しているのをご存知でしょうか?50歳時の未婚率は女性は1割、男性は2割と言われていて、現在の20歳の若者世代のケースで考えれば3割強くが一生独身である可能性が高いと言われています。つまり、男性の3人に1人は一度も結婚しない生涯未婚ということになると予想されているのです。実は30年前の男性の未婚率はわずか2~3%程度、そう考えると急速に結婚しない男性が増えていることが分かります。

 

独身生活の危険・リスク・デメリット

 

独身男性のひとり身であるリスクは主に近年、社会問題にもなっている孤独死、会話する相手が居ない事で認知症になる可能性が高い(一説では2倍以上のリスク)、また基本的にどこの病院でも入院・手術の場合には身元保証人が必要になります。通常ですと、家族・子供が身元保証人になるケースが多いですが、独身男性にはもちろんそんな人はいません。難関(ハイリスク)の手術などのケースでは医療現場が消極的になってしまうことも実際にあるようです。

 

死亡後もリスクが襲います。最近、一人身の方に多いのが”無縁墓問題”です。実は立派なお墓を建てても、誰もお墓を清掃してくれるような身内が居ないと、放置状態になりお墓が荒れてしまうことがあります。それに対して掲示を出されて、1年以上権利者が現れないと撤去されることもあるのです。

 

お見合い・結婚相談所・出会い系SNSを利用する人が増加

 

近年、婚活ブームであることは誰もが知っていることだと思います。30代、40代の独身男性が中心的に婚活しているように思えますが、実は50代・60代・70代で結婚相談所・お見合いパーティー・出会系SNSを活用している人は意外の多いのです。20代、30代、40代の独身男性はまだ余裕がありますが、高齢者になってから独身一人身であるリスクを肌で感じているため、本気で結婚相手を探しているのです。

 

結果、婚活サービスを活用する高齢者が急増したことで、数十年前に比べて60歳以上に老後・高齢結婚は2倍以上に跳ね上がっています。

 

少し前まで、高齢者の意識は結婚・恋愛に対してネガティブな後ろ向きの考えを持っていた人が多かったが、現在の高齢者の傾向で言えば、「人生を存分に楽しみたい・謳歌したい」と恋愛・結婚に対してポジティブで前向きの人が増えているいるのです。

 

 

 

出会いSNS PCMAX(PCマックス)
更新履歴